ごあいさつ

こんにちは。
ピアノ講師のおざきです。

「どうしたら練習を楽しめるだろうか?」
「どうしたら自信を持てるだろうか?」

そんなことをずっと模索してきました。


私は長年ピアノ指導法はもちろん、コーチングや心理学を学んできましたが、
少し答えが見えたように思います。

それは「思考」。
考えるのは面倒…大変そう…と思う方が多いですが、
人は絶えず考えているものです。

ただ「何を考えるのか?どう考えるのか?」が
わからない方も多いようです。

しかし、思考法や手順を教え、
自分の頭で考えるようになった生徒さんは楽しそう。

本来「あぁかな?こうかな?」と試行錯誤するのは楽しいものです。
だって、上手くいかなくても「あ、こうなるんだ!」と毎回発見がありますからね。

すると「〇〇しているのが楽しい!」と自分を発見し、自分らしく表現するようになります。
ときには、困難なことがあっても創意工夫し、前向きに困難と向き合うことも。

これが「根拠のない自信」「自己肯定感」です。

他者から認められて自信になることもありますが
このように思考力があると、自分でも自信をつけられるのです。

子どもはいつか巣立ちます。
そんなことはわかっていても、
いざとなったら心配は尽きません。

でもどんなに高学歴で人格者なお子さんに育っても
「うちの子は大丈夫!」と自分に言い聞かせながら送り出します。

また不安を抱えているのはお子さんも同じ。
どんなに学歴や資格で武装しても
「素の自分」に自信のないお子さんは多いのです。

でも「困難なことがあっても、何とかする力はつけた」と思えれば
お互いに少し不安が解消されるのではないでしょうか?

おざきピアノ教室では
そんな力がつくお手伝いをさせていただいています。

そして共感していただける先生方にも
お役に立てるようコラムなどを通じてお伝えできればと思います。

よろしくお願いします。

小崎 未樹子

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。